2019年01月05日

君の膵臓をたべたい 住野よる

君の膵臓をたべたい 住野よる

読了しました。

「また、同じ夢を見ていた」の住野よるのデビュー作らしい。えぇ?デビュー作?って感じ。これも「また、同じ夢を~」を読み終わた時と同じく、私にとっては衝撃作でした。

主人公の「僕」と桜良(さくら)ちゃんがあるきっかけで仲良くなるんですが、その二人の関係が突然終了してしまう話。

二人で焼き肉を食べに行ったりとか旅行に行ったりとか、しながら、元々人付き合いの苦手な「僕」は彼女のペースに巻き込まれて?仲良くなっていく。二人の関係が終わった後も彼女の考え方に影響を受けて・・・。ってストーリーです。

こうやって説明すると、どこに衝撃を受ける要素が?って感じですが(笑)、それでも、私にとっては衝撃的な内容でした。読んで良かったです。内容的にはこの「君の膵臓を~」と「また、同じ夢を~」は何となくテーマが近い感じがしますが。友だちとか、余命とか、人生とか、考えたくなりました。そんな人は是非読んでみてください。感動します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君の膵臓をたべたい [ 住野よる ]
価格:720円(税込、送料無料) (2019/1/5時点)


posted by 経理課長 at 05:47| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください