2017年11月29日

仙台ぐらし 伊坂幸太郎

仙台ぐらし 伊坂幸太郎

読了しました。
伊坂幸太郎のエッセイ集+短編小説が1編。

この短編小説「ブックモービル」がメチャメチャ面白かった。震災後の東北が舞台の小説で。良い話なんですが、伊坂幸太郎らしく(?)小悪党が出てきて。でも根っからの悪党でもなく。面白かった。短いながらも伏線がちゃんとあってそれも見事にまとまって。おぉ、これぞ伊坂幸太郎!みたいな感じでした。この小説を読むだけのためにこの本買ってもイイって思いました。
ワシ、今まで何でこれに小説が収録されてるって知らんかったんやろ?って思いました(笑)。

エッセイは震災の前に書かれた分は軽妙で面白く。エッセイですが伊坂作品的な感じが随所に見られて。面白かった。

震災後はちょっと重たいですね。ワシも阪神淡路大震災を経験しているので、何となく解るなぁって感じの事が多かったです。

震災の話もあって、後半のトーンはやや重たいものですが、基本的には面白おかしく読めました。面白かったです。

posted by 経理課長 at 05:37| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください